『そのまま食べてもおいしいホールトマト』の
生い立ち

『そのまま食べてもおいしいホールトマト』の生い立ちブーツのかかと部分にある南イタリアのプーリア州で、燦々とふりそそぐ太陽の下、大切に育てられたトマトです。

『そのまま食べてもおいしいホールトマト』の生い立ち真っ赤に熟したマルツァニーノ種。ちょっぴり小粒で豊富な甘みとコクが、お料理の幅を広げます。

『そのまま食べてもおいしいホールトマト』の生い立ち機械での選別のほか、人の手によっても安全、安心な製品作りに取り組んでいます。

『そのまま食べてもおいしいホールトマト』の生い立ち3社のバイヤーがしっかり現地を視察しています。